2013年9月1日日曜日

怪しいツールを使用してみる夢

スポンサーリンク

------------------------------------------

その夢は、そのツールを使用して端末識別番号IMEIをrep@ir,ch@nge出来るというもの

まずはここのサイトで名前から怪しげなOCTOPUSBOXとやらを購入

http://gsmserver.com/shop/gsm/octopus_box_basic_edition_without_activation.php

所持していた端末がSONYの2011年モデルだったので、ちょうど下記の対象機種モデルと一致
  • E-series: E10a, E10i, E15a, E15i, E16a, E16i
  • LT-series: LT15a, LT15at, LT15i, LT18a, LT18i
  • MK-series: MK16a, MK16i
  • MT-series: MT11a, MT11i, MT15a, MT15i
  • R-series: R800, R800a, R800at, R800i, R800x
  • SC-0-series: SC-01B
  • SK-series: SK17a, SK17i
  • SO-0-series: SO-01B, SO-01C, SO-02C, SO-03C
  • ST-series: ST15a, ST15i, ST17a, ST17i, ST18a, ST18i
  • U-series: U20a, U20i
  • WT-series: WT19a, WT19i
  • X-series: X10a, X10i
  • Z-series: Z1i
ただ上記、タコ箱だけでは、何も出来ない、どうやらOctopus Server Creditsを購入してライセンスを取得しないと駄目らしい。ということで下記URLで無制限のライセンスを購入


タコ箱とライセンスを合計するといい金額になった。ライセンスは安いものもある。

$49+$56=$105

※注意点!!これ重要でして上記URLにも最近追加表記されたのですが「manufactured after 12W10」
は対応していないと言うこと。
ではこの「manufactured 」とは本体バッテリーを外したところの本体に本体型番ST15a、ST17i等が記載されてある、三つ下の12W※※やら11W※※の表記のことで、この表記が12W10以下の数字、12W09、12W08やら、11W30であれば、その作業が可能だそうだ。

ただし、12W23のST15は上記表示とは関係なく作業が出来た。またST17も同じくそうでした。MK16とSK17は上記「manufactured after 12W10」は非対応でした。


意外とちゃんとした箱で届いたみたい


USBポートが二つとCARD POWERのランプさらには LANポート
この辺は何に使うかよくわからない。


背面にUSBinポート


USBinポートに附属のUSBケーブルさして、PCと接続する。
がその前に、このタコ壺をPCに認識させるためのドライバーをインストールする必要がある。
ここから↓ドライバをダウンロード インストール
http://octopusbox.com/eng/download/drivers


ともう一点は、下記からOctopus Suite をPCにダウンロード インストールする
http://octopusbox.com/download/software


それがすんだら、、、

早速接続


妖しい光を放っている。

↓デバイスマネージャで認識を確認



でOctopus Suiteを起動する


↑のsever option の username pasword を入力してライセンスを有効にする。これをしないと
使用できないようでした。またそのusername paswordはOctopus Server Creditsを購入した翌日に、メールで送ってきた。


ありました、Rep@ir IMEI 、、、もしこれがほんとに可能なのであれば、日本国内における某キャリアのmailシステム並びに通信システム、、、

mailをプッシュ受信できるアプリなどをsystem appに入れ込む必要があると思われる。カスタムROMなどで使用されるapkです。また、build.propの変更が必要。

※危険事項 IMEI Rep@ir 以外の行為をすると、復活できない文鎮のできあがるようです。お気をつけください、fastbootが出来なくなったり、flashが出来なくなったり、せっかく仕入れたandroid端末が、、、、。 

仕掛けられたタコ壺の中に入ってしまい、気づいたら釣られてしまっていたタコ状態となるわけでして。

最近はあまり見なくなった夢なのだが、たまにはこんな夢もいいのかも。

-------------------------------------------------------------
また数日後に見てしまった。

Connect this point to GND と GNDをつなぎ合わせたままUSB接続してくださいとのこと


 端末を認識したので、つなぎ合わせたものを外して、O.K.ボタンを押してくれと、、、


 つらつらつらと文字が流れ出し終了。


 というところで目が覚めた。

 複雑な気持ちになり、もうこの手の夢は見たくない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーリンク

------------------------------------------

7 件のコメント :

  1. はじめまして。@ランドといいます。
    ST15a, ST15iを所持しています。
    オクトバスのIMEIのrep@ir&ch@ngeを利用して
    毒茸仕様にしていただきたいのですが・・・。
    承っていただけますか?

    返信削除
  2. 初めまして@ランド様
    羨ましい端末をお持ちでございますね。
    上記投稿は、リアルに記載しておりますが、あくまでも夢だと言うことでご理解いただけたら幸いです。
    うっすらとした記憶ですので、はっきりとは言えませんが作業的にそれほど難しくなかった気がします。一度tryされてみてはいかがでしょう?
    せっかくお問い合わせいただいたのですが、申し訳ございません。

    返信削除
  3. どうもです。@ランドです。
    やはり、夢で終わりそうな気配が・・・。
    ところでOCTOPUSBOXは現在も所持なされているのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. お世話になります。
      @ランド様、たくさんのコメント有り難うございます。
      確か、このたこ箱がなくても、Windows ソフト「タコsuite v1.2.9」をインストールして、一番安くて14ドル程度でタコライセンスを購入し、後日ライセンス認証キーが記載されたメールが届くので、その認証キーをたこスイーツにの認証キーの部分に入力すれば、****書き換えができたようなきがします。
      分かりにくいですね、、どうでしょう?

      削除
  4. 貴重な情報をありがとうございます。m(__)m
    ライセンス購入を視野に入れ検討してみます。
    恐縮ながら1点だけ伺いたいのですが・・・。
    IM○I発行について
    同一メーカ製の別機種への変更、さらに非茸⇒茸への対応は可能でしたでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 理容制限が×でない茸SPモード対応3G端末のIM○Iを使用します、SH-03CはOK、ガチピンクNG。当然 茸SPモード対応sony3G端末 はOKですが、SHなどに比べると同端末を仕入る金額が高くなりますね。

      削除