2014年4月20日日曜日

”Shells” ”Grip Shells” for Moto G

スポンサーリンク

------------------------------------------

”Shell”と”Grip Shell”が手に入ったので、とりあえず大まかにレビュー。
 常用するためには、必要不可欠なアイテムなのですが残念ながら、このMoto Gは日本で販売されていない端末なので、アクセサリー類が簡単に国内手入できないのが現状。
 日本語入力アプリ"ATOK"を購入してしまう前に、まずはケース選びを優先しましょう。(私はgoogle日本語入力で十分です)


Shells for Moto G
Choose a shell color that fits your taste and lifestyle perfectly. Motorola Shells easily snap on and off anytime you’re ready to change up the look of your Moto G.


 デフォルトの黒ケースを外して、お好みの色に変えられる。

色は全部で6色(上の画像にはデフォルトのBlackがあるので7色になっています)
・Chalk
・Violet
・Royal Blue
・Turquoise
・Lemon Lime
・Cherry


 Royal Blueを入手しまので早速装着。デフォルトのブラックもそうでしたが、マット系の塗装になっているので、手指に油分がついているとその部分だけ変色する。Shellだけを外して中性洗剤で洗浄するとキレイになる。黒と違いラフなイメージですね Good。


 もともと”Moto G”自体のデザインは少し弧を描くようなフォルムなので手になじむ。そのせいか、ちょうどカメラレンズの部分が盛り上がっているので、レンズが傷つきやすい作りになっているのでは?と思う。

Grip Shells for Moto G

Motorola Grip Shells feature a rubberized frame for extra grip and protection against impact. Smooth curves make your Moto G feel extra comfortable.

 Shellに衝撃吸収用のゴム(厚さ1mm程度の柔らかめなゴム)をつけたも、、というかんじです。なのでゴムのついていない部分はShellsのフォルムなので持ちやすい湾曲のデザインで変わりない。
 ゴムが滑り止めの役割もあるようなので、ホールド感は当然Shellに比べると良くなる、またプラスチック部分も”Shell”とは違う、衝撃を吸収する素材を使用している様子。電源ボタン、ボリュームボタン、柔らかめなゴムなので、力を入れずとも軽く押し込むと動作してくれる。まぁその辺は、純正ですから。

色は全部で5色
・Chalk
・Black
・Royal Blue
・Lemon Lime
・Cherry

Cherryを入手したので早速取り付けてみる。


 取り付けがかなり面倒。取り付け方は、上部から先にケースにはめ込んでいく、USB端子のところをはめ込むと装着完了。ゴムがうまいこと本体にはまらないのです。youtubeでレビューしてる方がいらっしゃるのでこちらを見ていただければ、装着が面倒なのがよくわかります(この方は少し不器用な方かも、、)。


 Shellと変わらず、カメラレンズがむき出しの状態が気になる。

USB端子部


ディスプレイを保護するために、ディスプレイより1mm程度高さを持たせている。ディスプレイの操作などには全く支障はない。

 あくまでもこの”Shells” ”Grip Shells” for Moto Gはデザイン、見た目重視のケースないしはカバーです。純正品なので、デザインを崩さないのは当然のことですが、プロテクトレベルは低いです。
 仕事中、オフの日でも必ずバックなどにスマホを携帯する方、Moto Gのデザインが好きでサードパーティケースでそのデザインが変わってしまうのが嫌なかたには、お勧めですね。逆にオフの日はポケットに入れて持ち歩くようなハードな使い方をする方にはお勧めできません。しつこいですが、レンズに傷が入る可能性が高いです。

 どちらかというと私はハードな使用をする方ですので、改めてケース探しをする予定です。良いケースがあれば、適当にレビューしていきます。色々ケースも販売されていますが、送料だけで10ドルしたりと厳しい現状です。

Moto G LTE版について一言

 全く関係のない話ですが、Moto GのLTE版がでるとか?どこかのサイトでそれを「期待している」という情報を目にしました。個人的な感想で申し訳ないのですが、LTEに対応することで、当然販売価格は上がります、また、Moto Gのディスプレイ解像度は1280×7204.5インチQuad-core 1.2GHzとCPUスペックもそれほど高くはない、さてLTE通信で何を楽しみますか?というのが実際にMoto Gを使用している側からの感想です。
 2.5万円での販売であれば、別のLTE端末Xperia(日本語対応してます)等をチョイスする方が賢明ではないでしょうか。それが2万円で手に入るなら別ですが、、、。価格次第というところにはなりますがLTEでは売れない気がしますが皆様はいかがでしょう?
 どうしてもMoto Gのデザインが好だというのなら、お勧めはしませんが、Moto X(1280x720、4.7インチ、Dual-core1.7GHz、、、約4.6万円)も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
 あくまでも個人的な感想になりますので、色々とご意見はあろうかと存じ上げますが、ご了承下さい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーリンク

------------------------------------------

0 件のコメント :

コメントを投稿