2014年2月22日土曜日

Linux Mint 16 Xfce で windows7を動かしてみる

スポンサーリンク

------------------------------------------

 Windows7(家族で使用中)のスリムタワーPCがあり 、それにHDDを追加しLinux Mint 16(個人で使用)をインストールしている状態。普通に使う?のであればこのままの環境で問題ないのですが、個人的な遊び用で簡単に再構築可能なwindows7があれば更に楽しめるのではなかろうかと思い仮想環境作りをやってみました。

 Google先生にご教授いただいたところ、Windows7とLinux Mintのマルチブートや、Windows7(host)のViretualBox 上でLinux Mint(guest)を仮想環境でいごかすなど、やり方は色々あるとのこと。

 今回はLinux Mint(host)のvirtualboxでwindows7(guest)の環境になります。

virtualBoxのインストール

ソフトウェアの管理から”virtualbox”で検索する


 ”virtualbox-nonfree” なるものをインストール
 インストール終了 下記のエラーがでたのでwindowsはインストールしない。
 ※私のPC環境だけかもしれない
Windowsインストール時にエラーが出る

 インストール後virtualboxの設定をして、DVDドライブにwindowsインストールCDなりisoファイルなりを入れて起動してwindows7のインストールするが、、、、

windows ファイルの展開中(86%)のところで下のエラーが表示される(当方の環境でインストールを開始して約15分後)


 "ファイルまたはディレクトリ E:\Window\winsxs が壊れており、読み取ることができません。CHKDSK ユーティリティを実行してください。"

 shift+F10でCHKDSKコマンド (chkdskとchkdsk e: /r)等を試みるが改善せず


  "必要なファイルをインストールできません。ファイルが破損しているか見つからない可能性があります。インストールに必要なすべてのファイルが利用可能であることを確認し、インストールを再実行してください。エラー コード: 0x80070570"

、、、とりあえずvirtualboxを強制終了する。

いろいろやってみたが、インストールできなかった。

 行き詰まったので、「virtualbox」と肩を並べる代表的な仮想環境化ソフト「VMware Player」を使用してみることにした。
 VMware Playerで作成されたvmdkファイルはvirtualboxと互換性があり、VMware Playerでwindows7がインストールできたら、virtualboxで起動できるのではないかと仮定。
 VMware Playerでwindows7をインストール後そのまま利用することも可。使い慣れているvirtualboxで起動させることを着地点。
 ということで、早速 「VMware Player」をこちらを参考にインストールしてみる
”VMware Player”をインストール(32bit)
まずは該当ファイルをダウンロード
# cd /opt
# wget  https://download3.vmware.com/software/player/file/VMware-Player-6.0.1-1379776.i386.bundle
インストール
# chmod +x VMware-Player-6.0.1-1379776.i386.bundle
# ./VMware-Player-6.0.1-1379776.i386.bundle
;Extracting VMware Installer...done.




 起動

 "Create a New Virtual Machine"をクリックして設定する


"Windows product key"を入力

"Version of Windows to Install"でWindowsのバージョンなりを選択する

"Full name:""password:""Confirm:"を入力

Name:を入力(windows7などお好み)とLocation:を選択


Customize Hardwareで詳細を設定




と、手順をウィザードに沿って操作していくと


無事Windowsが起動。ひと通り動作の確認をしてシャッドダウン

先ほどVMware Playerでwindows7をインストールした Location :
/home/"user"/vmware/windows7に

"Windows 7(先ほどNameで入力したもの).vmdk"があることを確認

virtualboxを起動

"新規"を選択

名前を決める


 "すでにある仮想ハードドライブファイルを使用する"
を選択し該当ファイル(/home/user/vmware/windows7/windows7.vmdk)を選択しウィザードを進めていく。

セットアップが終了したら”起動”してみる

普通に起動してくれました。

起動したら、"Guest Additions"をインストール
virualbox上段tabの”デバイス”、”Guest Addinsions のCDを挿入する”を選択

Windowsのコンピュータ→CDドライブ(D:)virtualbox Guest Additionsをクリックしてインストール開始



以上

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーリンク

------------------------------------------

0 件のコメント :

コメントを投稿